結婚式にかかる費用の平均は?

結婚式と言えば、人生の一大イベントです。特に女性からしてみればきれいなドレスを着るだけに、そのこだわりも強いものとなります。絵本に出てくるような素敵な式を挙げたいと、誰もが願っているでしょう。

 

ですが、こだわりが強ければ強いほど、その費用は際限なく膨らむものとなります。結婚式の費用にはいろんな項目があり、それぞれがランク分けされています。当然、良い上質なものを選べば選ぶだけ料金も高くなるのです。

 

結婚式にかかる費用は、地域性も加わって大きく差があるものとなっています。ある調査では、新婚旅行の費用まで入れると平均で450万ほどといった数字が出ています。最も金額が低かったのは会費制の披露宴が一般的となっている北海道で、その平均は300万より少ししたほど。逆に首都圏や東海地方、北陸地方、北関東などでは全体的に華やかにおこなう傾向が強いため、平均で450万を超えていました。

 

さらに、最近では新婚旅行をしないカップルも多いことから挙式と披露宴だけでの金額を調べたところ、その平均は350万円ほど。この費用の中でも、特に金額が大きくなりがちな項目が披露宴で振舞われる料理や飲み物など。これだけで130万程となっています。次に大きいのが、花嫁の衣装代で50万ほどかかっているようです。

 

ちなみに、招待ゲストの多さでは青森や秋田、岩手などの東北地方が多く、その平均は100人をちょっと超えるといったもの。逆に最も少ないのが富山や福井地方で60人ほどとなっています。


挙式にかかる費用の内訳

挙式と披露宴にかかる費用の内訳には、一体どんな項目があるのでしょうか?基本的には下のようになっていますが、挙式をあげるところによって、独自のサービスやもっと細分化したサービスなどもあるようです。また、金額は一例となっています。

 

○婚約
結納・会場費…15万
両家の顔合わせ・会場費(食事)…6万
婚約指輪…40万ほど(人によって大きく差があります)

 

○挙式・披露宴
結婚指輪(新郎新婦)…20万ほど(人によって大きく差があります)
挙式料…25万
料理・飲物…130万
新婦の衣裳…50万
新郎の衣裳…15万
引出物・引菓子・プチギフト…35万
ブーケ…5万
装花…20万
スタジオ別撮り撮影…15万
スナップ写真撮影…25万
ビデオ撮影…20万
映像演出…7万
司会(プロ)…7万
ブライダルエステ…10万

 

○新婚旅行
新婚旅行費用…55万
新婚旅行土産…10万


結婚式以外にかかる費用

結婚式にかかる費用には、単に挙式と披露宴にかかる費用を考えていればいいだけではありません。実は、婚約から新婚旅行までかかる450万といったお金以外にも、ゲストに対してかかる費用も場合によっては発生するのです。それは、遠方からゲストを招待したときにかかるお金です。ゲストの為の交通費や宿泊費などです。他にも、主賓や司会、受付、仲人へのお礼や車代、そして結納を交わした場合の結納金など…以外と他にも大きなお金がかかってくるものとなるのです。以下は、一般的な平均額となります。

 

・結納金…50万〜150万(地域によって異なります)
・遠方からくるゲストの交通費や宿泊費…10万円以上
・主賓や受付へのお礼やお車代…10万以上
・仲人へのお礼…20万〜30万ほど(仲人から頂いたご祝儀の倍の金額)
・新生活に必要は費用…150万円以上

 

さらに、結婚した2人が住むための住居や、そこに置く家具や家電製品、生活用品です。それまで別々に住んでいたのであれば、それぞれに引越し代もかかるものとなります。賃貸を借りるにしても、初期費用として何十万と支払う事に…。そうした費用も含めると、結婚するためには450万にその他もろもろを足した、600万ほどの大金が必要となるといえるのです。


ご祝儀はどれくらい?

どんな結婚式を挙げるかは、2人の貯蓄額によって決まります。結婚には大金がかかるということで、事前にある程度のお金を貯金していた人は多く、その金額は100万〜400万といった金額。会費制をとっている北海道などではそこまでではないのですが、東海や関西地方など、華やかな挙式が定番となっている地域では結婚に向けての貯金額も高いものとなっています。

 

ところで、結婚式と言えばご祝儀が欠かせないものとなっています。このご祝儀の平均はいくらかというと、230万円ほど。大体、150万〜350万円の間となっています。なかには50万以下というところもあり、これは会費制をとっている北海道にみられました。

 

ご祝儀の金額は招待ゲストの数で決まりますが、ご祝儀の金額は地域によってさまざまです。「ご祝儀でこの部分はまかなえるかな…」なんて期待してしまいがちですが、予想していたよりも少ない事もありますので要注意。見積もりは少なめにしておきましょう。しかも、ご祝儀は式当日に頂くものですから、結婚式の支払いには間に合わない事の方が多いのです。

 

ちなみに、親からの援助を受けている人はどれくらいいるのかというと、その割合は8割近くといったほど。ほとんどの人が親から援助を受けているのです。親としても、子どものめでたいイベントに、少しでも力を貸したいと願っているからなのでしょう。

 

 

即日入金


更新履歴